キスの種類は一つだけじゃない!代表的なキスの種類5つ

キス 種類

 

知っているキスには何がありますか? 多くはディープキスや普通のキスが思い浮かびますが、それ以外は中々分からないですよね?

 

実はキスには多くの種類があります。

 

これらを日常的に用いることで、カップルや夫婦のマンネリを防ぐことが可能とも言われるので、是非知っておきましょう!

 

ここでは、代表的なキスの種類5つについてご紹介していきます。

 

 

1.軽く何度も唇を重ねる「バードキス」

 

キス 種類

 

軽く何度も唇を重ねるキス「バードキス」と呼びます。

 

これは鳥が口をパクパクさせているところから、この名前が付きました。

 

1回のキスが長い場合とは違い、こちらは何度も唇を重ねるのでキスを短時間で複数回行うのと同じですね。

 

スポンサーリンク

 

 

実は、このキスには様々な意味が込められています。

 

愛を確かめる時はもちろんですが、挨拶をしたり、おはようの代わりにしたりと、いたるところで用いることができます。

 

恋人とのスキンシップにかなり有力な手段となりますので、是非試してみましょう。

 

 

2.相手の頬にまつげでパチパチする「バタフライキス」

 

キス 種類

 

口以外の部位を使ってキスをするのを、「バタフライキス」と呼びます。

 

これは相手のほっぺに、まつげをパチパチさせるキスのことで、その姿からバタフライキスと呼ばれるようになりました。

 

日本ではあまり主流ではありませんので、実際に行っている人はとても少ないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

しかしアメリカやイギリス、イタリアなどではカップルの間だけでなく親しい友達同士でも挨拶代わりに出来るということで、少数派ですが人気があります。

 

ちょっとイチャイチャしたいという場面で、日本では用いられているようです。

 

基本的に恥ずかしがりやな女性が見せる仕草で、男性がこれをすると「キモイ」と思われるので注意しましょう。

 

 

3.唇を軽く押し付ける「プレッシャーキス」

 

バードキスとは違い、日本人がよくしているのが「プレッシャーキス」でしょう。

 

これは唇を軽く押し付けあう程度のキスで、ファーストキスのときなどにはこちらを用います。

 

また奥ゆかしいような人、ディープキスまでの関係ではないカップルなどに多く見られます。

 

日本でキスといえば、このプレッシャーキスのことを差すのが一般的です。

 

あくまでも軽く唇を押し付けあう程度ですから、勢い余って押し付けが強くなると不恰好になるので要注意。

 

 

4.舌を絡ませる「カクテルキス」

 

キス 種類

 

唇を合わせて、舌を絡ませるキスのことを「カクテルキス」と呼びます。

 

ディープキスは大きなグループの名称であり、その中にカクテルキスという種類が入っているというイメージをしてもらうと理解が早いかもしれません。

 

舌を絡ませて、その舌を動かしたりするキスのことです。

 

べろちゅーと表現する人もいるかもしれませんね。

 

どちらにしても、プレッシャーキスよりも濃厚で、激しい印象を受けることでしょう。

 

カクテルを回すときに似た動きをすることから、この名前がついたのだとか。

 

 

5.相手の舌を吸う「スロートキス」

 

キス 種類

 

ディープキスの中でもとても刺激的で激しいのが「スロートキス」です。

 

これは相手の舌を吸うキスを指して、心地よい刺激と官能的な感情を受け取ることが出来るとても便利なキスの仕方です。

 

こちらは、感情が高まってきたカップルが行うときが多いですね。

 

普通の生活においては中々スロートキスまで発展するのは難しいでしょう。

 

セックスをする前の高めあう時間のときにおいて使われるので、場面によってはとても効果が見込めます。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?
日本でも見られるキスの種類について紹介しました。

 

キスの種類と意味を知ると愛情表現がさらに広がりそうですね!

 

ここで、おさらいしておきましょう。

 

  • 軽く何度も唇を重ねる「バードキス」
  • 相手の頬にまつげでパチパチする「バタフライキス」
  • 唇を軽く押し付ける「プレッシャーキス」
  • 舌を絡ませる「カクテルキス」
  • 相手の舌を吸う「スロートキス」

キスと言っても、用いる場面などによって意味合いが大きく異なってきますから、上手に利用して相手との関係を深めていきましょう!
以上、代表的なキスの種類5つまとめでした。